「わたし男の人が大好きなんです。不特定多数の男性と遊びたい」と公言していた遠野なぎこ(34歳)が、
結婚直前のお相手がいるとTV番組で告白しました。
遠野なぎこさんは、2009年5月に2歳年下の一般男性と半年間の交際で結婚したが、
僅か2か月というスピード離婚。実に結婚生活72日間、これは”芸能界最速離婚”となる。
離婚に対しても気落ちするどころか、「また不特定多数の男性と付き合える」と喜んでいた。
そんな遠野なぎこさんが、自ら求婚をし、
相手の両親にも会い、あいさつも済ませていることも明かした。
しかも「婚前契約書」なるものを弁護士同席のもと作成し公開した。
この契約書は8章から成り、相手の方が、「異性と二人きりで会わないものとする」
「異性とメールアドレス又は電話番号の交換を行わないものとする」などが記載されている。


以前結婚した時は、遠野なぎこさん自身が結婚しても尚、他男性と付き合いたかったが、
今回は契約書まで作成してお相手の不貞を微塵も許さないようだ。
遠野なぎこさんの極端ともいえる人格形成には子供時代の母親からの虐待が影響しているように思える。
そんな遠野なぎこさんだからこそ、
「結婚式に電報 お祝いの文例」の管理人は、見事結婚が成就するよう見守らせていただきます。