女優の志田未来(25)さんが、14日に結婚したとの発表がありました。
お相手の男性は、俳優?、業界の人?などと「結婚式に電報 お祝いの文例」の管理人は思ったりしましたが、一般男性とのことです。
今はやりのIT社長か青年実業家でもないってことでしょうか?
とは言っても「古くからの友人」ということだから、もしかして子役だったのかとも推測。
推測するしかないですよ。
年齢や職業など詳細は明かされていませんから。
まあ、志田未来さんとしては、プライベートを大切にしたいのでしょうね。
それにお相手が一般男性だったら、その男性の方に迷惑になってしまうから、非公開はやむを得ないでしょう。


志田未来さんの結婚報告は、
「私事ではございますが、この度、入籍致しましたことをご報告させていただきます。お相手は古くからの友人で、一般の方です。
6歳から仕事を始め19年間、皆様の応援に支えられて、今まで続けてこられました。本当にありがとうございます」と感謝するとともに、
今後について「仕事と家庭のどちらも大切にしながら、精進していきたいと思いますので、変わらず、温かく見守っていただけるとうれしいです。」と続けた。

志田未来さんは、もともと結婚願望はあったようで公の場でも「結婚をしたい」と話していました。
特に『泣き虫ピエロの結婚式』で主演を務め、2016年9月に完成披露試写会が都内で行われた時、
純白のウエディングドレス姿で現れてとても嬉しそうだった。
その時、「昔から結婚願望が強くて、23(歳)までにしたいと思っていたんですけど、もう23なので、2~3年延ばします」と言っていました。

そして志田未来さんは、「クレヨンしんちゃん」の劇場版25周年記念作「 映画クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シリリ」に本人役で声優出演していて、
完成披露試写会では「仕事の夢はもうかなったので、次は結婚。(野原)ひろしみたいな人と結婚したい」と、そこでも結婚願望を口にしていた。
というより、今のお相手ともう付き合っていたでしょうから、
お相手への逆プロポーズだったかもしれない。

志田未来さん2005年に日テレ系で放送されていた天海祐希さん主演の「女王の教室」で、小学生6年生役で出演していたのを「結婚式に電報 お祝いの文例」の管理人は、今でも覚えている。

次に、これもまた日テレ系のドラマ『14才の母』では、主演を務め、
14才で子供を産むというセンセーショナルな役どころを見事に演じました。
あっ、もしかしたら「おめでた結婚?」と思いましたが、妊娠はしていないようです。
事務所によると結婚後も仕事は続けていくとのことです。
志田未来さんが結婚したのに、過去をほじくり返すのも野暮だと思うが、
過去の熱愛報道と言えば、同じ子役出身の神木隆之介さんがあまりに有名でしょう。
何と言っても幼少期に所属していた劇団は、神木隆之介さんと同じで、
堀越学園高校でも同級生で、花の93年組と言われていたようです。

スポーサード リンク


共演も多かったようで2006年から2007年にわたって放映されていた「探偵学園Q」や、
2010年に公開されたジブリ映画「借りぐらしのアリエッテイ」でも
声優として神木隆之介さんと共演をしていました。
二人の演技は申し分なく、実力は俳優と言っても良いかもしれません。
そんな中の良い二人を写真週刊誌のフライデーが激写していました。
志田未来さんが日用品を入れた買い物袋を持ち、神木隆之介さんのマンションに通う姿を撮られているのだ。
フライデーの見出しは「まさかの週3通い愛」、二人の熱愛がスクープされたのだ。
これが2015年の12月。

この愛が順調に言っていれば、志田未来さんの23歳までに結婚したいという願望はかなっていたのだろうが、
2016年に神木隆之介さんのグラビアアイドルの佐野ひなこさんとの二股がスクープされ、破局となってしまった。
それがあったらこそ今の男性と知り合い、結婚に至ることになったのだから、
最終的には幸せを掴むことができたので良かった。
「結婚式に電報 お祝いの文例」の管理人から、心よりお喜び申し上げます。