親戚から素敵な言葉で気持ちを伝える

一口に親戚といっても、お付き合いの程度も様々かと思います。

親戚であってもお付き合いが疎遠になっているのに、
お義理で招待状が送られてくることは少なくありません。

相手も形式上、招待状を送ってきたのだから、
結婚式を欠席しても差し支えないように思います。

しかし、書状で欠席の旨を伝えるだけでなく、
短い電文ながら祝電で、お祝いの気持ちを表せば、
親戚に義理を欠くこともないでしょう。

例え、お付き合いの程度の親戚関係で、
結婚式に、出席する・しないにかかわらず、
祝電を送られた側には、とても嬉しいものです。

だから幼い頃から遊びに来ていたなど、
昔からお付き合いがある親戚なら、
挙式に出席しても、祝電を送れば更に喜ばれることでしょう。

索引:親戚から送る結婚式の電報・文例

当サイトでは、
NTT(東日本・西日本)の「D-MAIL」で紹介されている
結婚式のお祝い電報より、親戚から送る祝電を抜粋し、
オリジナルの文例と共に掲載しています。

利用しやすいよう文字数・料金別にカテゴリー分けをしています。
これにより親戚から送る祝電が選びやすく、しかもあなたの予算に合わせる事も容易です。

下記の料金(税込)は、
D-MAILで申し込んだ場合で、
お届け日の3日前までに申し込むと表示価格より165円(税込)もお安くなります。

親戚.1、(58文字・税込:1,419円)から(101文字・税込:2,310円)

コチラが索引

慶弔電報の割引き特典お申込み方法をご覧下さい。



索引:親戚から送る結婚式の電報・文例


ビジュアルエイド