使ってはいけない言葉とは

どんな場合にも使うのを避けなければならない言葉、忌み言葉が有ります。
結婚式という大切なお祝いの席で、祝福の言葉を述べるべきなのに、離婚を連想させるような「重ね重ね」などの言葉は
知らなかったとはいえお祝い事に水を差す様なことになってしまいますね。

そのような事態にならないように、結婚における忌み言葉を参考までに列記しました。
ご覧下さい。

結婚における忌み言葉
去る 流れる 退く 帰る 落ちる 終わる 引く 返す 切れる 飽きる 繰り返す
離れる 戻る 破る 出る 返すがえす 嫌う 壊れる 浅い 絶える 薄い 再び
再度 たまたま 二度 冷える 病む 枯れる 哀れ 憂い 敗れる 滅びる 失う
重ねる 重ねがさね 痛ましい 痛い 涙 別

不吉さを連想させる言葉と思いながらも、その言葉を述べなければいけない場合は、
読み方を変えたり、言い替えたりすることが必要になります。

四 → 死を連想 → 「よん」「よつ」
九 → 苦を連想 → 「ここのつ」

昔ほど神経質になる必要がないかもしれませんが、予め結婚式の日程は分かっている
ことですから、忌み言葉を使っていないかチェックしてから電報を出しましょう。




ビジュアルエイド