大切な方へ、お祝いの言葉を伝える

あなたが結婚式に際してお祝いの気持ちを伝えようとする場合、
先方とそれほど親しい間柄ではなく、格式がある大切な相手であると、
直接会ってお祝いの気持ちを伝えようとしても中々時間を割くことができなかったりします。

電話で祝意を伝えるのは簡単ですが、あまりに直接的で、その場限りになってしまうこともあるでしょう。

しかし結婚式に祝電を格式がある方へ送ることにより、
あなたのお祝いの気持ちを効果的に伝え、送られた側にも印象が残ることになります。

しかも短い電文で伝える事ができ、
記録としても残り、料金もリーズナブルといえます。

ですから格式がある大切な方に、祝電を送ってみてはいかがでしょうか。
先方にも喜ばれますし、義理を欠くこともありませんね。

格式がある・大切な相手へ結婚式に祝電を出す場合、
どのような電文にすればよいのか悩んでしまうかもしれません。

その場合「華燭の盛典」「ご子息様」「ご令嬢様」などの伝統的な言葉を入れると良いでしょう。

索引:格式がある方へ送る結婚式の電報・文例

当サイトでは、
NTT(東日本・西日本)の「D-MAIL」で紹介されている
結婚式のお祝い電報より、格式がある方へ送る祝電を抜粋し、
オリジナルの文例と共に掲載しています。

利用しやすいよう文字数・料金別にカテゴリー分けをしています。
これにより格式がある方へ送る祝電が選びやすく、しかもあなたの予算に合わせる事も容易です。

下記の料金(税込)は、
D-MAILで申し込んだ場合で、
お届け日の3日前までに申し込むと表示価格より165円(税込)もお安くなります。

格式.1、(18文字・税込:726円)から(50文字・税込:1,221円)
格式.2、(51文字・税込:1,320円)から(74文字・税込:1,716円)

コチラが索引

慶弔電報の割引き特典お申込み方法をご覧下さい。



索引:格式がある方へ送る結婚式の電報・文例


ビジュアルエイド