ビジネスマナーの一つ、素敵な言葉でお祝いを伝える

お仕事でお世話になっている、会社(取引先)関係の方に、結婚式へ
祝電を送るのは、ビジネスマンとして忘れてはいけない大切な心遣いです。

会社(取引先)関係であっても個人的に知っている方に結婚式へ
祝電を送る場合は、友人や知人の立場でお祝いの気持ちを伝えればいいでしょう。

しかし大切な会社(取引先)関係の方へ、祝電を送る場合は、
失礼がないように、改まった丁寧な表現になるような電文にします。

会社(取引先)関係の場合、ポイントとしては、新郎・新婦へお祝いの言葉
を述べるとともに、ご両家に対しても「ますますのご隆盛を」
「ご発展を」お祈りいたしますなどの言葉を加えることも大切です。

会社から出す場合の差出人名について

索引:会社(取引先)から送る結婚式の電報・文例

当サイトでは、
NTT(東日本・西日本)の「D-MAIL」で紹介されている
結婚式のお祝い電報より、会社(取引先)から送る祝電を抜粋し、
オリジナルの文例と共に掲載しています。

利用しやすいよう文字数・料金別にカテゴリー分けをしています。
これにより会社(取引先)から送る祝電が選びやすく、しかもあなたの予算に合わせる事も容易です。

下記の料金(税込)は、
D-MAILで申し込んだ場合で、
お届け日の3日前までに申し込むと表示価格より165円(税込)もお安くなります。

会社(取引先).1、(24文字・税込:924円)から(60文字・税込:1,419円)
会社(取引先).2、(67文字・税込:1,617円)から(112文字・税込:2,508円)。

コチラが索引

慶弔電報の割引き特典お申込み方法をご覧下さい。



索引:会社(取引先)から送る結婚式の電報・文例


ビジュアルエイド